須賀川市

須賀川市の位置
須賀川市は、福島県のほぼ中央に位置し、西に那須連峰、東に阿武隈山地の山並みを望む、緑豊かな丘陵地に、阿武隈川、釈迦堂川、そして江花川がゆったりと流れる風光明媚な街です。
温暖な気候と恵まれた立地条件から古くより「商業の街」として拓け、鎌倉時代以降は二階堂氏の城下町として、さらに江戸時代には、東は奥州街道、西は会津街道屈指の宿場町として隆盛を極めました。
街の中心部には国指定名勝「須賀川牡丹園」をはじめ、宿場町の面影を残す街並み、「奥の細道」の旅で宿をとった松尾芭蕉ゆかりの地、そして西部には豊臣秀吉ゆかりの地など、悠久の歴史を今に伝える名所が数多く点在し、美しい四季の風景や彩り豊かな歳時記とともに訪れる方々を魅了しています。