矢吹町

矢吹町の位置
矢吹町は、福島県の南部に位置し、三方を阿武隈川、隈戸川、泉川が流れ、羽鳥ダムの水を利用した農地が町の面積の半分以上を占めています。
古くから奥州道中の宿場町として栄え、また明治時代中期には宮内省管轄の主に「キジ鳥」狩猟の御猟場として賑わい、各宮様や国内外の名士らが次々と訪町したという史実がある歴史と憩いの町です。