交流・二地域居住プロジェクト

受入意識の醸成と受入方針・ルールの明確化

  • 地域住民の受入意識の醸成、きっかけづくり、民間団体によるサポート体制の整備
  • 受入れによる地域づくりのコンセプトの明確化 など

情報発信・相談・現地案内の体制整備

  • 民間団体・行政が連携・協働し、戦略性を持った情報発信
  • 空き家情報の提供や都市住民からの相談についてのワンストップ窓口の整備 など

地域力の向上

  • 交流・二地域居住実践者に対する地域のサポート体制の充実
  • 医療・福祉、教育・文化、レジャー等のサービスの提供や広域的な連携の下での受入環境の充実 など

地域振興につながる仕組みづくり

  • 医療・福祉、教育・文化など各種サービスに関する仕組みづくり
  • コミュニティビジネスの創出 など

推進体制の整備

  • 受入れの当事者である地域住民や集落を中心とする協議会等の体制の整備
  • 県、市町村、民間団体、受入れのための協議会等が連携・協働した推進組織の整備 など